1. 津嶋の家「住みつぐ家」
  2. RSSに登録する

カテゴリー

最近の記事

バックナンバー

 | ブログトップへ戻る | 

2010年4月23日(金)

ハルユタカ

世界に向けたこのページでローカルな話題を提供する「グローカル」なサイトへようこそおいで下さいました。

しかも今日の話題は、昨年から興味の連鎖にひっかりはじめた農業の、それも地元江別市が官民を上げて取り組んでいる小麦という、きわめてマニアックなものです。

農業や小麦をしてマニアックと言うこと自体が考え方の偏りの証なのでしょうが、昨夏までは、まるで興味のなかった分野だったので、この連鎖の成長ぶりには、われながら

(呆れる……)

思いなのです。

CA390011

さらに

(おどろく!……)

ことは、その小麦の中でもハルユタカという品種をして江別の顔としてのけようとされている方々がいらっしゃることではなく、その品種の種をもらい、わが社のプランターに蒔いたことなのです。

しかも、昨年の11月にです。

これを初冬蒔きと言うそうで、強い小麦になるとのことです。

その種から芽が出てきました!!

いよいよ農家です。

建設業の農業参入です!

「やめといたら……」

の声が聞こえます。

おっしゃるとおりに参入しません。

とある金物店を営んでいる方から、この小麦の種を頂いたのですが、その方(仮に「LYさん」とします。)からこういう話を聞きました。

「七十有余歳の農業経営者が

『百姓は毎年一年生だ……』

と言っていた。なるほどその通りで、片手間でできる代物ではないよなあ……。」

これなのです。

もとよりプランター五つで農業参入とは冗談以外のなにものでもありませんが、農業に限らずいずれの商売でもそうやすやすと出来るものではありませんね。

いかに、まるで国策であるかのように建設業者数が減り続けている情勢でも、他産業に手を出す能力はなく、本業に専心するしかありますまい。

むろん、工事業者という業態は変身させようと考えていますし、実際に徐々に変わりつつあります。

ただ、建築であるとか、住宅であるとかを「扱う」者は様々な雑学は必要で、興味の連鎖という悪癖はあながちこの世界に相応しくないものではなかろうと思うのです。

福祉産業に参入するつもりはありませんが、バリアフリーから進展してユニバーサルデザインをしっかり頭の中に叩き込んで「住まい」づくりの手伝いをすることは、直接の福祉業者としての収入はないのですが、福祉の世界に突入していることになろうかと思います。

いえいえ、住宅はまさに福祉そのものだと思っています。

話が長くなりますので、このお題は後日改めて申し上げるとして、今日はボクもハルユタカ生産者になりつつあることの報告でした。

2010年4月15日(木)

新築&リフォームフェア 無事 閉幕 そして……

P1060924

多くの方に来場していただきました。ありがとうございます。

主催者の一員として感謝申し上げます。

また、数あるブースの中で、当社のブースにお運びいただきました皆様には、店主として御礼申し上げます。

こうした催し物に

「力を入れて……」

参加したのは初めてで、

「どうなることやら……」

心配と不安が先行していましたが、2日間に渡る会期中は、お客様への応対に追われ、気がつくと閉幕になっていました。

十数組のお客様からは、見積依頼を頂き、スタッフがそれぞれのお宅に訪問し、現在見積作業中です。

 

反省点は少なからずあり、次には改善しようと考えています。

それにしても、修繕をしたいとお考えの方の、ナント多いことでしょうか。

リフォームとかリニューアルとか、住宅再生とか言う前の『修繕』です。『繕い』ですね。

まさに、住みつぐための方策を皆さんは探っていらっしゃるのですね。

《よろず修繕承ります》

新しいキャッチコピーです。

人口に膾炙しすぎていますが、ね、ウチにとっては新しいのです。

2010年4月9日(金)

設立38周年

先代社長が昭和46年の今日、個人創業の津嶋工務店を会社組織にし、

有限会社津嶋工務店

を設立し、爾来本日をもちましてまる38年が経ちました。

38歳です。

この間、型枠の専門工事業者からはじまり、建築工事業者になり、今に至っております。

DSCF0021 日本産業分類で言うところの「建築工事業(木造建築工事業の除く)」と「型枠大工工事業」だったわけです。

もともとが先代は大工職人でしたから、「大工工事業(型枠大工工事業を除く)」でもあったので、大きな括りで言えば「大工工事業」です。

また、木造の住宅も多々手がけていましたから「木造建築工事業」であり、『各種建築物の改装または軽微な増・改築工事を総合的に行』ってもいましたから「建築リフォーム工事業」でもあったのです。こっちの大きな括りは「総合工事業」になり、それと同列でいくとさっきの「大工工事業」は「職別工事業」になるそうで、『総合』と『職別』の両方の工事業を営んできたことになります。

長々と日本産業分類との兼ね合いを述べてきました。こういう仕分けはあまり意味がないのですが、頭の整理には助かります。

というのも、会社の寿命30年といわれて久しく、既にそれを8年も超した今、これからの指針を考えなければならず、そのために頭ン中は整理しないといけないからです。

結論から言うと、今後はそういう分類の中で考えるのではなく、

「お客様から支持される会社でなくてはならない……」

これなのです。

核として建築技術があり、大工の技能がある会社がお客様から指示されるには

「どうしたらよいのか?……」

これを考えなくてはなりません。

手前共の立ち位置の問題です。

工場や事務所等のいわゆる「民間設備」もそこで「働く」人が前提です。人が中心にほかなりません。

個人住宅も然り。

その時、手前共の立ち位置は?……。

言わずもがな……ですね。

そういう人びとが困っていることに対して手助けをすることなのです。

つまり、広義での「住まい」、働くことも寝ることもテレビを見ることも「住まう」にほかなりません。

その「住まい」の問題を解決することこそが手前共の行う「事業」なのです。

困っていることを解決するからお客様から指示されるのですね。

言ってみれば、

「住まいのソリューション会社」

なのです。

設立記念日に当たる今日、そのことを確信しました。

これからも宜しくお願いします。

2010年4月8日(木)

初バナー

当社で工事をした

江別市セラミックアートセンター

という建物があります。

セラミックアートセンター

そこには、陶芸家(???)の

「小森忍(こもりしのぶ)」記念室

があり、ゆえあってこの人が興味の連鎖の対象になっているのですが、その「ゆえ」についてはいずれ機会あるときにお話しするとして、今日はセラミックアートセンター。

建物の凄さは、これを

「ウチでやったの?……」

なのです。

近ごろ、まあ、このホームページもそうなのですが、「発信」を重視しだしたボクは、ここにバナー広告を出すことにしました。

懇切な江別市広報広聴課の係員に導かれ、そしてホームページ専門家J氏の指示のもと、どうにかアップにいたり、明日から……と思いきや、件の係員氏はそれを

「今日から……」

にしてくれたのです。

 

さて……。

このバナーのバックには、隠された謎があります。

江別市ホームページのトップページにはアップしなかったのは、

① 高額だから(月15000円はきつい……)

② 当社施工のセラミックアートセンターだから

なのです。

どうせバナーを

「出すなら……」

せめてキラリと光るものをと考えて、くすんでいますが、このバックの模様にしました。

これ以上は世界に発信できる内容ではないようですので、個人的にお話しさせて頂きます。

明後日からはじまる江別商工会議所等主催の

《新築&リフォームフェア》

に2日間の会期中ずっと居ます。はばかりと食事……それとサボり以外は……ですが、会場にて

「なんなの、あのバナーのバック?……」

とお聞き下さいませ。

ペラペラと喋ります。

2010年4月4日(日)

トステムショールーム札幌2周年記念感謝祭

当社で今年度「大売り出し」をかけている「スーパーシェル2×6」の構造部材の供給もとであるトステム株式会社の札幌ショ-ルームが2周年ということで、記念の感謝祭を、昨日と今日の2日間で催しました。

CA390019

 

日頃、そのショールームの隣にある同じ「住生活グループ」のINAXのショールームには行くのですが、あまりトステムには行かないボクです。

「トステムコレクション」というものが楽しげなので、行ってきたのですが、

「良かったですねえ~」

なのです。

小間物を売る店が所狭しと出店し、ショールームが一つの「まち」になっていた……とは言い過ぎかもしれませんが、

「これは!!……」

瞠目しました。

切り絵でボクの横顔を「描いて」もらい、これが相変わらずの

『男前!!……』

照れているボクなのです。

S-my_profeel

同伴の妻と娘が、今度(10・11日)の江別商工会議所が主催する『新築&リフォームフェア』でも、

「ああいうのをやればよいのに……」

出店者は知人・友人にトールペイントや消しゴムスタンプをやっている人びともい、何店かは見込めるというのです。

自身もブックカバーなどの手芸を楽しんでやっていて、同じようなものが525円で売られているのを見て、

「10個で5,250円かァ……」

皮算用に長けているのは長年連れ添った夫の影響か……。

今年は間に合わないものの、来年はそういうイベントもやってみたいと思いついた社長なのでした。

2010年4月1日(木)

いよいよ新しいホームページがアップされます

これまでINAXのサーバーを使った〔快傑ホームズ〕のページだけで、「ホームページ」ごっこをしていましたが、今度、新たにホームページを立ち上げます。

ただいまは、その準備作業を専門家のJ氏にやってもらっています。

数時間の語らいだけしかなかったにもかかわらず、ボクの感性に

「ピッタリ……」

のページを2回目の打合せの時に見せられたときには

「これで良し……」

大満足のツシマだったのです。

それから幾月……。

すべてがボクの「さぼり」のせいなのですが、なかなかアップできる状態に置くことができず、おそらくJ氏は相当にヤキモキしていたことでしょう。ご免なさいませ……。

ほかでも案内させて頂いておりますが、4月の10・11両日、江別市民体育館で開催される江別商工会議所等が主催の

〔リフォームフェア〕

に、はじめて出店(でみせ)することにしました。

そのフェアのことを、そして出店のことをPRしないで、

「どうすんスかぁ~!!……」

は、J氏を紹介してくれた某メーカーの(一応)営業マン氏(M氏)の嘆きです。

(なるほど……)

納得するボクなのでした。

翌日、J氏に連絡をしようにも、バタバタして受話器に手を掛けるタイミングをつかめないままにいるところに、J氏から

「これから行ってもイイですか?……」

の電話が入り、

(さてはM氏の手配か?……)

案の定、J氏曰わく

「M氏から「リフォームフェア」のことを言われたものですから……」

データ……じゃなく、チラシの原案をコピーして渡し、そのほか様々の打合せを小一時間ほどしたあと、何日頃にアップするかを問われ、なんとはなしに、お互いに

「今日、4月1日に……」

ということになったのです。

道半ばのページは今後作り上げることにして、今年度最初の事業ということもあり、めでたさに急ぎ〔社長ブログ〕を書いているのです。

これから宜しくお願いします、ね。

 

 | ブログトップへ戻る |