1. 津嶋の家「住みつぐ家」
  2. RSSに登録する

カテゴリー

最近の記事

バックナンバー

 | ブログトップへ戻る | 

2013年9月18日(水)

地質調査

P1120076

建物が土地の上に建つという当たり前のことを、サモサももっともらしく書いてしまったことは、ちと恥ずかしい・・・・思いがしています。

その敷地の地質の状態がどんなものかを知る必要があります。

それが、地質調査です。

結構イイ値段になりますので、住宅だと、そこまで行うのはまれで、にも関わらず丈夫な土地なのか軟弱地盤なのかを知らなくてはなりません。

建築確認申請でも要求されます。

そこでやるのが「地盤調査」。

ひと文字しか違いませんが、価格は倍以上の開きがあります。

軟弱なのかしっかりしているのかを知るためで、どの程度の基礎にすれば良いのか、はたまた、杭が必要なのか、必要であればどのくらいの深さの杭を打てばよいのかを判断する材料になります。

かたやの地質調査はその地盤の下には、たとえば、砂は何メートル、細かい石は何メートル、粘土は何メートル・・・・というふうに、その地盤の土の成分まで調べるのです。

ある程度の規模の建物では、地質調査が一般的です。
これが基になり建物の構造が決まり、設計され、構造計算がなされ、基本設計が完了となります。

それからが、建築工事会社の出番。

積算を設計事務所で行うこともありますが、おおむね所謂「見積」が建築工事会社が行います。

競争入札になることもありますし、特命と呼ばれる一社だけのこともあります。

建築工事会社サイドからはどちらでもいいのですが、発注者サイドからみたときには、きっと特命のほうが優れていると思います。

自分の首を絞めることになりかねないので、濁しますが(笑)、設計事務所といっても完璧ではない以上、建築の工事に関わる経験値は建築会社が高く、そこで培われた知見は、特命工事の場合、設計事務所の図面を補完することもあります。

それには、工事期間中、設計図書だけに基づいた工事を進めるわけにはいかないので、気も遣い、知恵を思慕rことになります。これが、意外に大変ですし、工事会社の醍醐味でもあります。

が、競争の場合はまずないと考えてたほうが良いでしょう。

価格だけののために競争をさせることで、建築工事会社の経験値に基づく知見は発注者のプラスに働くことはありません。

完璧ではないかもしれない設計図書に基づいて、公平・公正に行われた入札では、設計図書を逸脱した施工をしてはならないからです。

それがルールです。

おおむね、オブラートには包みましたが、競争と特命の優越は上記の次第です。

たとえ、世界の至る所に事務所を抱え、多くの建築士が働いている、名前を聞けば

「ああ、あの・・・・」

とわかるような設計事務所でも、必ずしも完璧とはいえないことを付言して、今日のところはお仕舞い!です。

2013年9月17日(火)

原子力発電

l_beizin01_b_ol_beizin02_b_o

敬愛する知人が貸してくれた本です。

ボクは原子力発電に関して知見がありませんので、コメントしませんが、著者は主人公の口で次のように言っています。

「原発は我々に素晴らしい恩恵を与えてくれる。だが、人間の心に隙が生まれた瞬間、神の火は、劫火に変わる」

と。

2013年9月16日(月)

工事

P1120044

当たり前のことで恐縮ですが、建物は土地の上に建てられるのが一般的です。

そこで大事なのが、敷地の確定です。

宅造地ならあまり問題はありませんが、敷地の境界石がないところでは事前に測量が行われます。

費用がかかりますが、ご自身の土地の境目をしっかりしていたほうがよいですね。

それから地質調査をもとに設計や積算がはじまります。

その後、建築確認申請ですね。

これが時間がかかります。

それやこれやがおわり、やっと着工です。

いの一番は、

「敷地確定」

これなのです。

2010年4月15日(木)

新築&リフォームフェア 無事 閉幕 そして……

P1060924

多くの方に来場していただきました。ありがとうございます。

主催者の一員として感謝申し上げます。

また、数あるブースの中で、当社のブースにお運びいただきました皆様には、店主として御礼申し上げます。

こうした催し物に

「力を入れて……」

参加したのは初めてで、

「どうなることやら……」

心配と不安が先行していましたが、2日間に渡る会期中は、お客様への応対に追われ、気がつくと閉幕になっていました。

十数組のお客様からは、見積依頼を頂き、スタッフがそれぞれのお宅に訪問し、現在見積作業中です。

 

反省点は少なからずあり、次には改善しようと考えています。

それにしても、修繕をしたいとお考えの方の、ナント多いことでしょうか。

リフォームとかリニューアルとか、住宅再生とか言う前の『修繕』です。『繕い』ですね。

まさに、住みつぐための方策を皆さんは探っていらっしゃるのですね。

《よろず修繕承ります》

新しいキャッチコピーです。

人口に膾炙しすぎていますが、ね、ウチにとっては新しいのです。

2010年4月9日(金)

設立38周年

先代社長が昭和46年の今日、個人創業の津嶋工務店を会社組織にし、

有限会社津嶋工務店

を設立し、爾来本日をもちましてまる38年が経ちました。

38歳です。

この間、型枠の専門工事業者からはじまり、建築工事業者になり、今に至っております。

DSCF0021 日本産業分類で言うところの「建築工事業(木造建築工事業の除く)」と「型枠大工工事業」だったわけです。

もともとが先代は大工職人でしたから、「大工工事業(型枠大工工事業を除く)」でもあったので、大きな括りで言えば「大工工事業」です。

また、木造の住宅も多々手がけていましたから「木造建築工事業」であり、『各種建築物の改装または軽微な増・改築工事を総合的に行』ってもいましたから「建築リフォーム工事業」でもあったのです。こっちの大きな括りは「総合工事業」になり、それと同列でいくとさっきの「大工工事業」は「職別工事業」になるそうで、『総合』と『職別』の両方の工事業を営んできたことになります。

長々と日本産業分類との兼ね合いを述べてきました。こういう仕分けはあまり意味がないのですが、頭の整理には助かります。

というのも、会社の寿命30年といわれて久しく、既にそれを8年も超した今、これからの指針を考えなければならず、そのために頭ン中は整理しないといけないからです。

結論から言うと、今後はそういう分類の中で考えるのではなく、

「お客様から支持される会社でなくてはならない……」

これなのです。

核として建築技術があり、大工の技能がある会社がお客様から指示されるには

「どうしたらよいのか?……」

これを考えなくてはなりません。

手前共の立ち位置の問題です。

工場や事務所等のいわゆる「民間設備」もそこで「働く」人が前提です。人が中心にほかなりません。

個人住宅も然り。

その時、手前共の立ち位置は?……。

言わずもがな……ですね。

そういう人びとが困っていることに対して手助けをすることなのです。

つまり、広義での「住まい」、働くことも寝ることもテレビを見ることも「住まう」にほかなりません。

その「住まい」の問題を解決することこそが手前共の行う「事業」なのです。

困っていることを解決するからお客様から指示されるのですね。

言ってみれば、

「住まいのソリューション会社」

なのです。

設立記念日に当たる今日、そのことを確信しました。

これからも宜しくお願いします。

 | ブログトップへ戻る |