1. 津嶋の家「住みつぐ家」
  2. RSSに登録する

カテゴリー

最近の記事

バックナンバー

 | ブログトップへ戻る | 次のページへ»

2013年9月18日(水)

地質調査

P1120076

建物が土地の上に建つという当たり前のことを、サモサももっともらしく書いてしまったことは、ちと恥ずかしい・・・・思いがしています。

その敷地の地質の状態がどんなものかを知る必要があります。

それが、地質調査です。

結構イイ値段になりますので、住宅だと、そこまで行うのはまれで、にも関わらず丈夫な土地なのか軟弱地盤なのかを知らなくてはなりません。

建築確認申請でも要求されます。

そこでやるのが「地盤調査」。

ひと文字しか違いませんが、価格は倍以上の開きがあります。

軟弱なのかしっかりしているのかを知るためで、どの程度の基礎にすれば良いのか、はたまた、杭が必要なのか、必要であればどのくらいの深さの杭を打てばよいのかを判断する材料になります。

かたやの地質調査はその地盤の下には、たとえば、砂は何メートル、細かい石は何メートル、粘土は何メートル・・・・というふうに、その地盤の土の成分まで調べるのです。

ある程度の規模の建物では、地質調査が一般的です。
これが基になり建物の構造が決まり、設計され、構造計算がなされ、基本設計が完了となります。

それからが、建築工事会社の出番。

積算を設計事務所で行うこともありますが、おおむね所謂「見積」が建築工事会社が行います。

競争入札になることもありますし、特命と呼ばれる一社だけのこともあります。

建築工事会社サイドからはどちらでもいいのですが、発注者サイドからみたときには、きっと特命のほうが優れていると思います。

自分の首を絞めることになりかねないので、濁しますが(笑)、設計事務所といっても完璧ではない以上、建築の工事に関わる経験値は建築会社が高く、そこで培われた知見は、特命工事の場合、設計事務所の図面を補完することもあります。

それには、工事期間中、設計図書だけに基づいた工事を進めるわけにはいかないので、気も遣い、知恵を思慕rことになります。これが、意外に大変ですし、工事会社の醍醐味でもあります。

が、競争の場合はまずないと考えてたほうが良いでしょう。

価格だけののために競争をさせることで、建築工事会社の経験値に基づく知見は発注者のプラスに働くことはありません。

完璧ではないかもしれない設計図書に基づいて、公平・公正に行われた入札では、設計図書を逸脱した施工をしてはならないからです。

それがルールです。

おおむね、オブラートには包みましたが、競争と特命の優越は上記の次第です。

たとえ、世界の至る所に事務所を抱え、多くの建築士が働いている、名前を聞けば

「ああ、あの・・・・」

とわかるような設計事務所でも、必ずしも完璧とはいえないことを付言して、今日のところはお仕舞い!です。

2013年9月17日(火)

原子力発電

l_beizin01_b_ol_beizin02_b_o

敬愛する知人が貸してくれた本です。

ボクは原子力発電に関して知見がありませんので、コメントしませんが、著者は主人公の口で次のように言っています。

「原発は我々に素晴らしい恩恵を与えてくれる。だが、人間の心に隙が生まれた瞬間、神の火は、劫火に変わる」

と。

2013年9月16日(月)

工事

P1120044

当たり前のことで恐縮ですが、建物は土地の上に建てられるのが一般的です。

そこで大事なのが、敷地の確定です。

宅造地ならあまり問題はありませんが、敷地の境界石がないところでは事前に測量が行われます。

費用がかかりますが、ご自身の土地の境目をしっかりしていたほうがよいですね。

それから地質調査をもとに設計や積算がはじまります。

その後、建築確認申請ですね。

これが時間がかかります。

それやこれやがおわり、やっと着工です。

いの一番は、

「敷地確定」

これなのです。

2013年9月14日(土)

暑さ寒さも彼岸まで

P1120043

「暑さ寒さも彼岸まで……」

とは古諺です。

あと一週間あまりで彼岸。

秋分の日まで10日ほど。

いまどきは、連休にするために月曜日に国民の休日に設定されています。

いい例が9月15日の敬老の日。

今年は16日です。

 

 

『一日は休養に、一日は教養に充てるためにも二日の休みが要るから……』

昔、日本で(おそらく上場企業で)最初に週休二日制を布いた松下電器産業の松下幸之助師は、その理由をこう述べられています。

なろうことなら、当社もその制度を取り入れたいものです。

が、現状では、なかなか難しい。

口に出してしまっては味気ないことになりかねない訳があって難しいのです。

 

一日の限られた時間の中で、外で仕事をする建設業は日暮れが早いというのは好ましいことではありません。

数日前までは帰宅時間にはまだ明るかった空も、今日この頃では、灯りが必要となりました。

身体を大切に、今年あと3ヶ月と半月を存分に過ごしたいものです。

2013年9月9日(月)

テスト成功!……につき、画像も添付

約2年間、何にもしていなかったことが判明し、結構赤面しています。

で、気を取り直して新しい画像をアップしてみることにしました。

P1120021

日曜日の空の様子です。

まだ夏の気配を残しています。

去年の残暑は厳しく、外付けHDDが故障するという被害にあっています。

今年は今のところその様子はありませんが、油断は禁物。

大雨……というか、豪雨に悩まされていましたが、今日この頃は

「すごい!……」

が少なくなりました。

現場にとっては良きことです。

もうしばらくは降らないでください。

2013年9月9日(月)

おひさ!

久しぶりにいじってみました
で、テストです

2011年9月22日(木)

久しぶりにアップすることができました

PAP_0012

気持ちの問題なのでしょうが、なかなかに書き記すこと能わず、やっとの思いで1年2ヶ月ぶりにブログをアップしました。

なに、要は、怠けていただけなのですが、ね(笑)。

あらためて

「宜しくお願いします。」

2010年8月2日(月)

元町マルシェ2010

CA390018

今では『野幌屯田町』に本社を構えていますが、もともとはここ【元町】で育てられた会社なのですよ、当社は。

昨年再開したこのイベントは、今年『元町マルシェ2010』と銘打ち、第1回を一昨日・昨日の2日間に渡り開催されたました。

PAP_0051

場所は、『元町アンビシャスプラザ』という名前に変わった旧『元町市場』。

当社の建築になるこの建物の駐車場を会場に1日目の7月31日は、これまでの梅雨空が

「ウソのように……」

晴れ渡った空のもとに賑わったのですが、翌8月1日は、これまた昨日の晴天と高気温が

「ウソのように……」

雨模様に変わり、昼前からはしっかりと雨となりました。

当社は昨年の再開時には『オブザーバー』のような感じで参加していましたが、今年は協賛企業。

CA390019

来場者を増やし、賑わいを演出しようと、INAXの移動展示車を借り受け、『庖丁とぎ』や『竹馬づくり』『椅子づくり』のイベントをしましたが、こと志と違い、さほどの成果とは目に映りませんでした(反省……)。

CA390022

スタッフや第三者からは、アピールの仕方や設置場所のことなどが原因ではないかという意見も出ました。

しかし、当社の立ち位置はあくまで『お手伝い』です。

商店街の賑わいのきっかけ作りである【元町マルシェ2010】ではサブなので、これで充分です。

むしろ、雨天決行した2日目を含めて、思ったより来場者が少なかったのではないかと感じました。

そのほうが心配です。

元町商店街をはじめ江別市内各地の商店街の活性化は、地元で建築の仕事をしているものにとっては

「なくてはならないもの……」

なのですから、迷惑でなければ次回の8月下旬の第2回の際にも手伝わせてほしいと考えている次第です。

 

ちなみに……。

画の後ろに高層の建物がありますが、江別市営の公営団地【中央団地】で、これまた当社の建築になります。

一応……、宣伝のために……(傷)。

2010年4月23日(金)

ハルユタカ

世界に向けたこのページでローカルな話題を提供する「グローカル」なサイトへようこそおいで下さいました。

しかも今日の話題は、昨年から興味の連鎖にひっかりはじめた農業の、それも地元江別市が官民を上げて取り組んでいる小麦という、きわめてマニアックなものです。

農業や小麦をしてマニアックと言うこと自体が考え方の偏りの証なのでしょうが、昨夏までは、まるで興味のなかった分野だったので、この連鎖の成長ぶりには、われながら

(呆れる……)

思いなのです。

CA390011

さらに

(おどろく!……)

ことは、その小麦の中でもハルユタカという品種をして江別の顔としてのけようとされている方々がいらっしゃることではなく、その品種の種をもらい、わが社のプランターに蒔いたことなのです。

しかも、昨年の11月にです。

これを初冬蒔きと言うそうで、強い小麦になるとのことです。

その種から芽が出てきました!!

いよいよ農家です。

建設業の農業参入です!

「やめといたら……」

の声が聞こえます。

おっしゃるとおりに参入しません。

とある金物店を営んでいる方から、この小麦の種を頂いたのですが、その方(仮に「LYさん」とします。)からこういう話を聞きました。

「七十有余歳の農業経営者が

『百姓は毎年一年生だ……』

と言っていた。なるほどその通りで、片手間でできる代物ではないよなあ……。」

これなのです。

もとよりプランター五つで農業参入とは冗談以外のなにものでもありませんが、農業に限らずいずれの商売でもそうやすやすと出来るものではありませんね。

いかに、まるで国策であるかのように建設業者数が減り続けている情勢でも、他産業に手を出す能力はなく、本業に専心するしかありますまい。

むろん、工事業者という業態は変身させようと考えていますし、実際に徐々に変わりつつあります。

ただ、建築であるとか、住宅であるとかを「扱う」者は様々な雑学は必要で、興味の連鎖という悪癖はあながちこの世界に相応しくないものではなかろうと思うのです。

福祉産業に参入するつもりはありませんが、バリアフリーから進展してユニバーサルデザインをしっかり頭の中に叩き込んで「住まい」づくりの手伝いをすることは、直接の福祉業者としての収入はないのですが、福祉の世界に突入していることになろうかと思います。

いえいえ、住宅はまさに福祉そのものだと思っています。

話が長くなりますので、このお題は後日改めて申し上げるとして、今日はボクもハルユタカ生産者になりつつあることの報告でした。

2010年4月15日(木)

新築&リフォームフェア 無事 閉幕 そして……

P1060924

多くの方に来場していただきました。ありがとうございます。

主催者の一員として感謝申し上げます。

また、数あるブースの中で、当社のブースにお運びいただきました皆様には、店主として御礼申し上げます。

こうした催し物に

「力を入れて……」

参加したのは初めてで、

「どうなることやら……」

心配と不安が先行していましたが、2日間に渡る会期中は、お客様への応対に追われ、気がつくと閉幕になっていました。

十数組のお客様からは、見積依頼を頂き、スタッフがそれぞれのお宅に訪問し、現在見積作業中です。

 

反省点は少なからずあり、次には改善しようと考えています。

それにしても、修繕をしたいとお考えの方の、ナント多いことでしょうか。

リフォームとかリニューアルとか、住宅再生とか言う前の『修繕』です。『繕い』ですね。

まさに、住みつぐための方策を皆さんは探っていらっしゃるのですね。

《よろず修繕承ります》

新しいキャッチコピーです。

人口に膾炙しすぎていますが、ね、ウチにとっては新しいのです。

 | ブログトップへ戻る | 次のページへ»